理事長プロフィール

保険業界激動の時代で三十有余年の経験を持つ。二十代後半に大手重工業メーカーから保険会社へ転職、欧米屈指の外資系保険会社を3社経験。三十代で営業企画課長として行政業界対応、法規および税制改正を担当した、この他営業統轄、推進教育、販促商品企画などの本社課長および支社長を経験、四十代で新規直販事業開発、新規代理店事業開発、マーケティング、戦略戦術管理各部門の部長本部長役員等を歴任、五十代はこれらの経験を礎にマネジメントメンバーとして経営に携わるとともに経営大学院において社会人学生への指導にも携わった。激変してきた生保業界で外資系ならではのグローバルな視点と国内現場の視点を融合した実行戦略の企画立案から実行までを専門領域とする。これらの一貫した政策実行に関わり長年に亘り海外現地調査から全国代理店訪問などを精力的に行い、「顧客と募集人の持続する関係こそが生保営業の本質的価値である」と結論づけた。日々研究と未来予想の発信に努めている。生命保険セールスパーソンとの面談数は、海外諸国で100名、国内で5000名近くに及ぶ。座右の銘「松明は自分の手で」。

福嶋 正

一般社団法人生命保険鑑定士会
代表理事兼理事長

1960年東京都生まれ
元ジブラルタ生命保険取締役執行役員常務
元法政大学院政策創造研究科客員教授

理事長からお伝えしたいこと

このホームページを目に留めていただきありがとうございます。

◆生命保険鑑定士への想い

生命保険営業の本質的価値は「お客様と持続する関係づくり」に尽きると思います。「お客様から商品だけではなく人として選ばれること」、みなさまに生命保険鑑定士の称号をお持ちいただくと、専門家としての信頼度がワンランク高まることと思います。称号を得るための手続きは、①このあと自己審査でセルフチェックする。②チェック結果を確認して登録手続きへと進む。③翌月から月刊誌程度の登録管理料を負担する。
手続きはこのホームページからwebで即時完了できます、まずは即時取得して早速称号をお客様に伝えて好印象を感じ取ってみてください。退会時は会員専用WEBシステムよりご自身で申請します。

◆生命保険鑑定士会の今後

本会設立の目的は、生命保険鑑定士称号を得たみなさまにこのブランド価値を享受していただき、淘汰の時代の勝者になっていただくことです。本会は運営コストを抑え生命保険鑑定士ブランドの価値を高める様々な活動へとチカラを入れて参ります。したがってこの価値を最も享受していただきたい1級生命保険鑑定士登録者数は全国の生保募集人登録者総数の1%で定員とさせていただきます。

生命保険鑑定士はあなたを変えます、そしてお客様からの信頼が変わります。
この機会に是非ご検討ください。

2020年7月